値上げが多いですね

こんなリンクから始まりましたが、商品の発送などをしている僕にも直撃する話題です。



今までが安すぎたのではと思うこともあります。


今日は僕目線の内容です。(両方の立場から書けるにはまだ僕の頭ではできませんでし

た・・・・)



例えばとある大きなネットのモールのイベントでP10倍祭りというイベントが発生します。

この10倍って、ショップ負担なんです。




今読んでくださっているあなたが一万円でうちの服をとあるイベントで買いました。(大人の事情で原価は正式ではありません。)


例えば原価が5000円だったとします。



この時点で、僕は5000円儲けます。


でもP10倍


一万円の10パーセント。


残り4000円


そしてよく見ますよね、「一万円以上で送料無料」


仮に北海道と九州は違うので、平均1000円だったとしましょう。



残り3000円。



お客様が、カードでお支払いだとカード会社にもよりますが3パーくらいとられます。



2700円・・・・・・・・・。


そして、モールにもよるのですが、手数料で5~15パーモールに支払います。


仮に、中間をとって8パーとします。


1900円。


一万円の粗利は1900円です。



そして、アパレルあるある。



今定価で服を買うことってどのくらいあります?




そう、これ定価で売れた場合です。



ただ、もちろん、大手のAmazonやYAHOO、楽天の集客力を考えたら、



みんなモールを使う安心感、品ぞろえとかも考えると



仕方ないのかもしれません。



中間マージンがもっともかからないのが、自社サイト、カードと月額0円から2000円くらいで簡単なものならできます。



例えばアマゾンで通販してお店の名前を憶えている人はどのくらいいるでしょか。



買う意識、どうしてそのお店で買うのか、「安い」



これに関して、安いことは「悪」ではないですし、企業努力です。



でも、そのしわ寄せは、今の値上げの一つになっています。


今回は僕主体で書いたので、自分を贔屓していますが、



何かを買うとき一瞬だけこんなブログを思い出してくれたらなとおもいます。




#銀魂#愛染#MKCLOTHINGSTORE#アパレル#北海道MKCLOTHINGSTORE#月読#坂田銀時


北海道網走MK CLOTHING STORE

北海道網走MK CLOTHING STOREのホームページ出来ました。2014年10月設立

0コメント

  • 1000 / 1000