バランス感覚

今日も相変わらず、タイトルは最後につけようと思いながらブログのスタートです。

ガクトさんのブログ見ましたか?


一文抜粋します。

以下 引用 

15年程前の話だ。

当時は、

CDバブルの真っ只中だった。

売れ線の曲を出せばなんでも売れる、

そんな時代だった。


歌う人そのものより、

いかに売れる路線の曲を出すかという時代。

当時のレコード会社の役員は

ボクのスタジオに何度も顔を出し

同じように世の中の売れ筋を書かせて

100万枚以上売れる曲を作ることを求めて来たが、

ボクは頑なに拒否をした。

枚数を売るためだけに生産するアーティスト活動は、

1年と持たない。

実際に翌年で消えるアーティストが山のようにいた。

たとえもっても2、3年で消えていく。


ボクは、

30万枚ぐらいのコアなマーケットを

丁寧にしっかりと作り上げ、

それを20年やり続けることに意味があると言い続け

マニアックだと言われても

自分の音楽スタイルと

ボクにしかできない独自のステージを追求し続けた。

ボクのステージに関しては利益を度外視し、

「アカが出なければ構わない」と

徹底的にカネを突っ込んで制作し続けた。

内外より多くの反発はあったが、

これにより、

ボクは強固な独自のマーケットを作ることができた。

だが、

浮かれてはいられなかった。

ボクが30歳を迎えた時、

CDバブルもまた絶頂期を迎えていた。

もともと機械オタクのボクは、

違法ダウンロードにもいち早く反応していたが

そんなボクのアタマに

突然、一つの考えがよぎった。

【このCDバブルは直に弾ける…】

↓↓↓↓

【CDはこの世から無くなる】

↓↓↓↓

【ミュージシャンは、

CDで食べていけなくなる】

↓↓↓↓

【ステージ活動のみで、

売り上げを立てるスタイルに変わる】

CDの売り上げで、

思い通りにカネを突っ込んでいたボクGACKTのステージも

今後いずれ出来なくなるという考えに辿り着く。

気がつけば、

ミュージシャンより経営者の知り合いの方が

圧倒的に多くなった。

その当初から

周りのミュージシャン、ダンサー、

役者や当時の仲間にずっと言い続けてきた。

【仕事】と【投資】を必ずパラレルで持たなきゃダメだ!と。

これに対して色んな言葉が返ってきた。

失敗するのがオチ。

騙されるのがオチ。

オマエは音楽だけやってればいい。

余計なものに手を出すな!

そんな暇があったら曲を作れ!

暇な時間でやっていたわけじゃない。

真剣に寝る間を惜しんで勉強した。

海外も飛び回った。

もちろん、

そういった言葉を

言いたい人たちの気持ちもわかる。

日本人は勤勉な民族だ。

戦後教育によりほとんどの日本人が

投資教育を受けずに

ただ仕事をすることを美徳としてきた、

この戦後数十年間。

これにより国は凄まじい復興を遂げた。

だが、

今のボクらの生活は

そんな祖父や祖母のいわば預金だけで

生活をなんとかさせてもらってるようなものだ。

世の中を見渡すと

殆どの人が疲弊している。

なぜか?




何かというと、すごいからの一言。

言葉のセレクトもそう、大人な文面もそう、何か成すのに反対されるなんて、


当たりまえで、押し付けることもなく、うまいたとえ話を出しながら。


年取ると不思議なもので、自分の話をしたくなって、SNSのせいか承認欲求がすごくて。


自分をモデルと名乗ってしまえば、それもありな時代。

スターという言葉があって、それは、普通の人にはない何かをもって、存在するのに、TVの中に存在するもの。

会いに行けるアイドル、これはこれで画期的で、もしTVの中のアイドルに会うなら、朝遅刻しそうなので、パンでもかじりながら、角にさしかかったとき・・・・・・・・。

くらいのもので。

得てして、距離感が大切な昨今。


脱線しました。


というのも歌手であること、その中で、それはいつか終わると考えるのは、

中々出来ないことで、


僕くらい経営が悪ければ別ですが。。。。。。


マネタイズ、お金にするタイミングを焦らない、ゆっくり育てる事は大切なのと、

「古き良き」なんて時代も大好きで、でも、それは有名人でも、政治家でも、どんな人にも止められないものが。仮想通貨なり、AIなり、オンラインだと思うしかない。


古き良き+世界の流れがいつの時代もミックス、個別に分かれながら、良いものが残る。



そんな時代なのかもしれない。

ベーシックインカムなんて、かなり早くから一部では論議されていたし、


ローカルは未だに、

元気をという活動がなされているが、


元気というのは東京や都会の真似をすることであれば、もう、その役員も、お偉いさんも終了していると思う。


僕は服という媒体でコミュニティーになる場所は欲しいが、リアル店舗への思いは少し薄れている。


バラバラな内容になってしまったが、心の根底になるものは変わらない、「この時代に流される部分とそうでない部分の心のバランス」


だと思う。


その点でいうとも仮想通貨も、SNSも、うまく使えば、最高の物になると思う。


この流れならブランドストーンがおススメだ(*´ω`)



Blundstone ブランドストーン BS552 ダークオリーブ サイドゴアブーツ Dark Olive 北海道網走MKCLOTHINGSTORE

ブランドストーン製品は若干ゆとりのある作りとなっております。 実寸(素足)通りの表記サイズのご購入をおすすめ致します。軽量で耐久性とんだブランドストーンのサイドゴアブーツ。加水分解等にも優れた耐性を持つアウトソールに、履き心地を良くする快適なミッドソール。衝撃吸収にとんだヒールパッドを搭載。インソールは取り外しが可能でケアもしやすく便利。着脱も楽なサイドゴアブーツは一年を通して使いやすい定番アイテムです。Blundstone(ブランドストーン)ブランドストーンはオーストラリアのタスマニア島に本拠を置く工場で、その歴史は19世紀にさかのぼります。イギリスで靴づくりを学んだジョン・ブランドストーンがオーストラリアに渡り、1880年代に始めた小さな工場からスタートしました。作られる製品の特徴はインジェクション・モールディングとよばれる製法にあります。これは底材にポリウレタンを使用し、金型の中で発砲させながら底を形成し、同時にアッパーと底を接着する製法であるため、接着性がよく耐久性と耐水性に優れた靴を産み出しました。メイン素材: レザー 表地: レザー Material:Smooth Leather Color:Dark Olive ダークオリーブ ブーツサイズはUKサイズです。 返品・交換について 画像のものとは色が若干異なる場合がございますが、初期不良の商品および誤配送を除き、返品・交換は承っておりませんのでご注意ください。

mkclothingstore.com

BLUNDSTONE ブランドストーン BS1466009 サイドゴアブーツ ブラック エンボス加工(牛革)レザー 北海道網走MKCLOTHINGSTORE

1870年、オーストラリアはタスマニアにて創業したブランドストーン。設立当初より、革新的な技術で様々なシューズを生み出し続けている、老舗シューズブランドです。その中でも、紐無しで簡単に履けるサイドゴアブーツは、ブランドストーンを代表する人気アイテム。主に労働者や、アウトドアをターゲットにしたモデルが多数存在し、絶大な支持を受けています。#500をベースにレザーライナーを配し、インソールにも独自のクッション素材を採用することで、履き心地を高めている#550番代クラシックコンフォートライン。エンボス加工レザーを使用。品番/bs1466009アッパー/エンボスレザー(牛革)カラー ブラック着用に問題の無い大きなものではない型押しの様な跡、傷、擦れ、色ムラ等は不良とはなりません。BOXにダメージがある場合が御座います。天然皮革の為、革の自然なたるみ、クセにより、左右の高さが若干異なる場合が御座います。返品・交換について 画像のものとは色が若干異なる場合がございますが、初期不良の商品および誤配送を除き、返品・交換は承っておりませんのでご注意ください。

mkclothingstore.com


それでは、よい一日を。

北海道網走MK CLOTHING STORE

北海道網走MK CLOTHING STOREのホームページ出来ました。2014年10月設立

0コメント

  • 1000 / 1000