THE NORTH STANDARD MIC EAST

THE NORTHSTANDARD MIC EAST ノーススタンダード マイクイースト、独創的やずば抜けたものではなく、STANDARD(普通)BASICを最高と根差したブランド。普通であることはそんなにつまらないものなのか、カリスマやぶっ飛んでいないと偉人では無いのか。毎日同じループの生活、不平不満を堪えな

記事一覧(42)

コストパフォーマンス

こんにちわ。今はお昼1月22日13時です。バイキングで小室さんの引退をTVでやっています。時代の変わり目なのかもしれません。ご本人は「数字がわかりやすい」という事を話していました。とあるメーカーの方は「売れない服はダサい服」という定義もあり、文面にて拝見したことがあります。変化というのを微妙に感じることはたくさんありますが、こんなに大きく感じることは多くは無いです。CDがいつぞや形を変えてダウンロードになってしまうことは、便利なこと。そのかわり、母に車で乗せてもらい、CD予約をして、当日の学校終わりを楽しみにするという行為はなくなりました。次の朝、こっそり学校に持っていき、友達と同じCDお買ったという、価値の共有もなくなりました。承認ならSNSでも補えるかもしれません。時間を軸に見れば今の時代が最高で、手間の代わりに楽しみに商品を買う行為はなくなります。「コストパフォーマンス」そんな言葉はいつから耳にするようになったのでしょうか。僕は13歳くらいから服に興味を持ちました。まさにAIR MAX、ハイテクスニーカーブーム。モアテンをアップテンポと呼んでいた時代でした。古着ブームも。田舎は都会より古着が高い。いわゆる〇〇価格。古着が流行る=コスパとは程遠い時代だったりする。でも、他の人と同じものを着ないという尖りだと思うし、機能性やなどを気にしたことなどなく、ほとんど自己満だった。貧困時代というものもあり、コスパというものが購入者の望むものになったというものも目にしたことがあるので、仕方ないことかもしれない。何が言いたいかというと、売れ線、トレンドなどある中でも、今までたくさんの服を着てきた分、たまには、たまにはコスパではない、ビビッときたものを買ってみるのもありだと思います。(完全な一意見です。)そんなことで、よろしくお願い致します。#小室哲哉引退#MKCLOTHINGSTORE#メンズアパレル#コスパ#LOCAL

勉強すると感じる距離感について

おはようございます。今日はまるまるコピペ。堀江貴文さんのです。みんな新年から今年のビジネスの展望とか真面目に色々書いてるけど私から見ると周回遅れの話ばっかりなんだけど、その程度じゃないと理解されないんだろうなあ。ビットコインとかICOとかそれこそ三年前くらいからメルマガとかホリエモンチャネルとかで話してるんだけど当時はほとんど無反応。ロケットの話とかも10年以上前からしてるけど話題になって来たの最近だしなあ。予防医療とかAIの手とかいつブレイクするんだろ。大学とか会社とかサークルとかを置き換えるオンラインサロンの実践も三年が経過したし、そろそろ話題になってくるのかしら。堀江の話は数年寝かせたほうがいいって本気で言ってる経営者の人とかいるんだけど、そんな周回遅れのネタで価値がどんどん下がってるキャッシュ稼いで楽しいのかしら?おれの話を理解できないから批判する人いるんだけど、そりゃ君達が理解できるレベルにコモディティ化したら面白くないんだよねすでに。ふぅ・・・・・・・。コモディティー化ねぇ・・・・・。学んでも学んでも、遠いなぁ。。。。。自分の故郷に人並程度の愛着しかないが、それでも好きな町。ローカルなので東京と同じことをしたらいいとは思わないけど・・。物質は通販できます。とあるモールは数年前から無料です。オンラインの人は楽天もアマゾンも、ヤフーもやっています。普通です。何が書きたいかというと、「特産品」の付加価値を考えるのは辞めて、時間を違うほうに使うべきです。上にホリエサンも書きましたが、コモディティコモディティ(英:commodity)化は、市場に流通している商品がメーカーごとの個性を失い、消費者にとってはどこのメーカーの品を購入しても大差のない状態のことである。ウィキペディアにも記載しています。