The 80s standard

2018年設立。LOCAL MADE コミュニティブランドとして発足。

各アイテム数枚の小さいコミュニティ。わたくしが80年代生まれということでネームしました。

記事一覧(51)

昨日

昨日から漫画のテーマだったり、服とは無関係のことを書いています。個人だからできることだったりするのかなと考え寝ました。でも、服を売るけど、こんな発信もいいのではないかと「昨日」から思いました。そう、昨日からです。例えば昨日の 恋は雨上がりのように同級生の作家が、ファミレス店長の汚い書籍部屋をみて、「未練じゃなくて執着」僕は、病気というきっかけから毎日違う仕事をしていた生活から、この服やさんに仕事を変えました。元々服屋さんは、副業という、(あまり好きじゃない言葉ですが)形だったんです。毎日毎日、家に帰ったら服の本を見て、ジーンズの歴史なんか調べて、お客さんのスニーカーを遠くから見て、名前当て遊びをしたり。服は趣味そう思っていたんだと思います。この土地でライトオンとユニクロがあって、その選択しかないのか、その二択もある、どちらかというと若い頃の僕には前者。それしかないのか。という思いでした。未練だったように思います。トレンドを売ることってあるんです。簡単に言うと、僕は着ないけど、これはトレンドだから。粗利が高いからセールに使える。こちらの都合で売ることを少し考えてみようかと思いました。まさに「純度」昨日も書いているので、僕の中に根付いたのか、「理由」の部分です。45歳から17歳をみると、援助交際に見られるかも。親子ほど年が。そう、僕はこっち側の思想。話は前後しますが、いろいろ発信するは、ここら辺の変化もあります。今年は本当に山場で、冬の売り上げがないと、縮小を考えています。ここに二択。1、続けていくこと、そこから見えるものもあるかもしれないという意味で。2、一度辞めること 潔さも必要な場合がある。で、ここに+純度。とりあえず考えないで、これを売りたい、これがかっこいい。あとはとりあえず考えない。主人公は諦める選択肢がないわけで。一番アホで、大人がやったらいけなくて、でもそれに心が動くなら、俺はそれをやりたいと「昨日」思ったんです。好きになったら、ただドアを開けるシーンも。キャラが普通にバイトに出勤するなら、ドアと一緒にキャラも入ってきて、吹き出しに「おはようございます。」でも、セリフ無し、ただドアノブを開ける手が描かれてる。それもどんな風に見てほしくて書いたのかな。そんなことも見たくなるんです。立ち止まったところで見つける幸せ。飛び立って夢に向かうこと。いくつか選択肢があるなら、僕がこの年で、みんなと違う選択肢をしようかと思いました。粗利、数字、トレンド、一度大人が大切にしているものを投げちゃおうそんな気持ちでいます。いいんだか、わるいんだか。そんで関係ないですが、その本の最終巻の、作者のコメント記載日がうちの嫁さんの誕生日だったこと。かってに何となく意味があると感じています。今日もお願いいたします。宣伝無し、リンクだけ。#恋は雨上がりのように #眉月じゅん #mkclothingstore

すきなものを

春なのにここ、網走は寒いです。今はPCの前に座りながら足元に毛布を掛けいています。。。。5月なのに、、、、、。。今日はアパレルの話ではないのですが。みなさんは好きなもの、趣味ありますか?僕は田舎で、少し流行にも疎い人間で。14歳から服が好きでした。近年副業を認める会社が増えているそうです。 ちょうど昨日の夕方のテレビでもやっていたのですが、それには、色々な理由があるようです。日本ではに所得の減少もあるのと、すでに終身雇用が期待できないこと。様々な要因があると思います。僕は普通の会社にいた後2014年からこの仕事を始めました。最初は給料が少ないのと、すごくすきだったので、妻の名義でインターネット販売を始めました。仕事から帰ってきても、服の雑誌を見たりするのが好きで 、時流行っていたゾゾタウンなどは自分の欲しいもの探すのに何十ページも何百ページも見ていました。多様なブランドがあり、そのあたりで、金銭感覚というか相場が少しわかりはじめたのかもしれません。僕は別に時代を先読みしていたとかではなくて 少しでもいいから好きなことでお金を稼ぎたいという思いからでした。大きな損得勘定はなく、続けていられればいいというくらいの気持ちでした。過去もっと景気のいい時代、には簡単に「年齢×1万円」が 給料などと 言われていた時代もあったと文献で目にしました。僕は今この逆で、もしアパレルが不調に陥ったとしても、午前中、外でパートをして午後から自分の仕事をするという形でも継続したいと思っています。というのが僕がこのアパレルを少しづつ大きくしていった(大きくといっても弱小です)始めるきっかけになったのは 病気になってしまったからです。その時に、人より回復が遅かったので、会社に迷惑をかけるわけにはいかないというものと、ちょうどそのタイミングで 同じ職場の人と喧嘩をしてしまいいろんなものが交差してやめることになりました。その時は次の仕事が決まるまででも、ほんのわずか、副業のアパレルから収入がある状態だったので、何もないよりは支えになりました。 それはメンタル面でも 金銭的な意味でも。 それと同時に 会社に 属する場合 いわゆる「会社員」というものと、個人で働くということ両方やってみて、色々なことがわかりました。もちろん会社で働いているときもお客様のお買い求めいただいたものが 自分たちの給料となって報酬となって戻ってるくることは 理解していたのですが 個人でやってみるとその何十倍も肌身にしみて感じます。お金の事だけではないかもしれません。そして逆の観点からも 会社に行けば 僕の働いてた場所には ボールペンや備品 もっと細かく言うと 水、電気 冬場はストーブ その他も全て会社が用意してくれていました。 会社の売り上げが多くても少なくても 決まったお給料いただける これはすごく忙しくても、すごく暇でも決まった額が保証されているという安心感が あったんだなと実感します。 本当はもっとたくさんあるのですが、僕が今日書きたいことは もし好きなことがあってもちろん金銭的なものを優先するのも全く問題ないのですがあなたに会った やり方でお仕事の合間を縫って 何かを始めてみるのもいいかと思います。そんなこんなで今日もMKCLOTHING STOREよろしくお願い致します。BLUCO半袖ボタンシャツ、サンタクルーズなど入荷しています。ベンデイビス、レーヨンシャツ、PAWNの毎年品切れししまうキャップなどもあります
こんばんわ。今日は娘の入学の写真をとりにいきました。着物とドレス。それに、入学の当日着るスーツと三パターン。そこの写真館は個人経営で母の知り合いの家族がやっています。ここ数年、写真を写真館で現像してもらったことがある人はどのくらいいるでしょうか。入学の写真すら、知り合いの方がやってなければ簡単に済ませていたと思います。日頃のことをSNSに投稿して、友達や知り合いと共有することに、何も感じなくなったのはいつからなのでしょうか。もちろん、時代に逆らうことはできないですが、その流行に乗らないくらいのことはできます。服を販売していて思うのですが、コストパフォーマンスという言葉も、少し頭を悩ませます。割りがよい。そんな言葉で、考えたら、居酒屋のお通しは高いどころか頼んでないとのだし、ビールも、飲み物は全てそう。どこかのドリンクバーくらいが割りがよいほうかもしれない。手間暇を無料にしたら食べ物は全てそう。服も、ある程度の素材にプリントロゴ、カラー一色なら2000円はしない。でも、どれも雰囲気を楽しむ。飲む仲間に会えるかもしれない。気分転換。食べたあと片付けをしなくてもいい。など、良いところもたくさん。それと、もちろん機能性も、コストパフォーマンスも悪いことでは全然ない。でも、かっこいいものを割りで考えないで生きたいなと思うことがありまして。。昔、若い頃に、そんなことを考えず、それを着たい、それだけでお金をためて買った服。そんな服のほうが自分にとって価値があるのではないでしょうか。完全に個人的主観なので、クレームとか怖いので優しい方だけ読んでください。タイトルはdoesの歌詞からとりました。今、銀魂がアツい!!!

値上げが多いですね

こんなリンクから始まりましたが、商品の発送などをしている僕にも直撃する話題です。 今までが安すぎたのではと思うこともあります。 今日は僕目線の内容です。(両方の立場から書けるにはまだ僕の頭ではできませんでした・・・・)例えばとある大きなネットのモールのイベントでP10倍祭りというイベントが発生します。 この10倍って、ショップ負担なんです。 今読んでくださっているあなたが一万円でうちの服をとあるイベントで買いました。(大人の事情で原価は正式ではありません。) 例えば原価が5000円だったとします。 この時点で、僕は5000円儲けます。 でもP10倍 一万円の10パーセント。 残り4000円 そしてよく見ますよね、「一万円以上で送料無料」 仮に北海道と九州は違うので、平均1000円だったとしましょう。 残り3000円。 お客様が、カードでお支払いだとカード会社にもよりますが3パーくらいとられます。 2700円・・・・・・・・・。 そして、モールにもよるのですが、手数料で5~15パーモールに支払います。 仮に、中間をとって8パーとします。 1900円。 一万円の粗利は1900円です。 そして、アパレルあるある。 今定価で服を買うことってどのくらいあります? そう、これ定価で売れた場合です。 ただ、もちろん、大手のAmazonやYAHOO、楽天の集客力を考えたら、 みんなモールを使う安心感、品ぞろえとかも考えると 仕方ないのかもしれません。 中間マージンがもっともかからないのが、自社サイト、カードと月額0円から2000円くらいで簡単なものならできます。 例えばアマゾンで通販してお店の名前を憶えている人はどのくらいいるでしょか。 買う意識、どうしてそのお店で買うのか、「安い」 これに関して、安いことは「悪」ではないですし、企業努力です。 でも、そのしわ寄せは、今の値上げの一つになっています。 今回は僕主体で書いたので、自分を贔屓していますが、 何かを買うとき一瞬だけこんなブログを思い出してくれたらなとおもいます。